top of page

618で韓国製のアウトドア用品「KOVEA CUBE コベア キューブ カセットコンロ」と「Dr.HOWS ドクターハウス ガス ミニコンロ」を購入。

更新日:2021年6月24日

韓国製のキャンプ用のアウトドアグッズは、軽量でオシャレなモノが多く、今回は中国ECモールの大規模イベントセール「618」でお得に「KOVEA CUBE コベア キューブ カセットコンロ」と「Dr.HOWS ドクターハウス ガス ミニコンロ」(どちらも韓国製)を購入してみました。


KOVEA CUBE コベア キューブ カセットコンロ KGR-1503

KOVEA CUBEはステンレスの小粋なボディ側面に木製のパーツをつけると、かっこいいカスタム仕様に変身します。撮影用小道具として1台。

Dr.HOWS のミニコンロはパステルカラーで可愛いく、こちらにはチャイルドロックが付いているので、自宅キャンプ用に買いました。

どちらも、Amazonや楽天、BUYMAなどで普通に購入できますが、気になる商品や欲しい雑貨は中国ECモールの巨大イベントセール「W11」や「618」の時にまとめて買うようにしています。


 

さて本題!618でどのくらいお得だったか記録します


購入したKOVEA CUBE

コベアキューブ本体+木製アタッチメント+ダイヤルキャップ真鍮+専用収納袋の4点セットに、オプションで+専用の風防[風防は四角く囲むタイプも選べましたが、撮影用なので丸いタイプにしました。]

合わせて 624元(日本円で約¥10,660)

Amazonで全部揃えると¥22,910ほどだったので、約52%OFFでお得に購入できました。


一箇所の店舗で、いろんなバリエーションのセットやオプションが選べるのも中国ECのいいところです。単品買い、セット買いが選べます。ダイヤルキャップも木製と真鍮、風防も2種類、パン焼き網、グリルプレート、ガスも一緒に購入できます。

ですが!ガスコンロ本体のみの単品だと、日本で買うより3割も高いんです。 カスタム用の木製側板や真鍮のダイヤルキャップ、収納BOX、などが安く買えたということになります。

 

タオバオ商品購入画面の簡単カイセツ

タオバオの商品購入画面です。赤枠で618のキャンペン実施中 早く買って!と表示しています。

・このセットアップの定価629元はキャンペーン価格584.90元

・673 [累计评论] = 673件の口コミ評価

・105 [交易成功] = 30日間の間に売れた数が105個

※交易成功の部分にマウスを乗せると「150個注文のうち105個取引成功」というように詳細数字が出るのですが、タオバオでお買い物をする時の安全指数の参考になります。

日本と同じように7日間は無条件クーリングオフのようなものがあるので、注文数と取引成功数に差が出るんですね。日本では何個売れて何個返品があったかなんて、絶対に表示していませんから見慣れない項目ですね。例えば200個注文があるのに取引成功数が40個だとしたら80%の返品やキャンセルを受けているので、商品に問題があるかもしれない!と判断できます。


・优惠|[淘金幣可抵11.69元] =ポイント11.69元値引きが可能

跨店满减 6/16〜6/20の期間中にタオバオの対象店舗で購入した商品合計が毎回199元に達するたびに20元ずつ、上限無しで割引

という意味で、跨店满减対象ショップで購入した商品合計約3390円ごとに340円の値引きが自動適用されます。(例:A店で50元、B店で350元の商品を購入すると40元値引き)跨店满减の表示のある商品を購入することで、どんどんお得に買い物ができますね。

 

Tmallの商品購入画面の簡単カイセツ


Dr.HOWSの公式旗艦店の購入画面です。

さすがのメーカー割引で、キャンペーン価格がすでに約3割以上安くなっています。

定価613元(※ 約10,400円で、定価のままだとBUYMAで9,900円の方が安い。)


キャンペーン価格が378元なので、約6,450円。この価格からタオバオと同じく跨店满减の値引きが自動適用され、「200元毎に30元の値引き」と表示されているので、378元-30元=340元(5,800円)まで下がります。更に、時間制限割引 [6月18日の午前0-1時の間に購入すれば8,5折(15%OFF)]という割引も付加されているので、378元-56,7元-30元=291,3元(4,970円)色違いで価格が異なり、イエローだと259元。

Tmallの商品購入画面です。

単品セット、鍋セット、フライパンセット、網セットなど購入バリエーションもたくさんありました。


adidasの公式旗艦店の購入画面です。

約17000円のNMDがキャンペーン価格で7,830円まで下がっています。これにも跨店满减の値引き [200元毎に30元値引き] が自動適用されて、最終的には459元-60元で、約6,810円で購入できました。

色々商品比較してしまい、安くても買おうか買わないでおこうか優柔不断なところもあるので、いつもイベントセール開始から数秒で売切れになってしまい買えないことも・・・

今回も、キッズサイズの19cmが欲しかったのですが、6月18日前にはすでにSOLDOUTになってしまいましたので、大きめの21,5cmを購入。


最後に気になる送料ですが、


GOLDFISHは業務のために、カメラ機材や周辺機器を中国から仕入れたり、とても高額になってしまう特殊加工をした印刷物や、日本には売っていない便利グッズにLOGO(名入れ)をしたノベルティグッズなど、弊社のクライアントのために輸入代行もしており、上海の物流会社通してEMS、SAL便、船便などで、安く輸送してもらっているため、EC モールからの配送料金が実際どのくらい必要か?あまり分かっていません。


ちゃんと届くのか?など、次回は越境ECで買った商品を日本まで海外配送してもらう手順や料金など検証したいと思います。

 

 「W11」と「618」の大セールが開催されると、タオバオやTmall、JD.comなどの大型ECサイト上は一斉にお祭りモードに切り替わります。各店舗ごとにセールの内容は異なりますが、「狂歡价」ハッピープライスやお得なクーポンなどが表示されます。以前は、11月11日と6月18日の日付が変わって24時間以内のセールで欲しい物は早い者勝ちでしたが、年々ネットユーザーが増え、午前00:00になると、サーバーダウン、サイトが開けなくなったりしていました。それよりも甚大なのは物流会社がパンクし倉庫にも入らず、街の至る所で配達荷物が、まるでゴミの山のように積まれている光景をよく目にしました。安全に届かないトラブルが続出したりと、ハードもソフトも物流も、1年1年学習成長して、近年では混乱を避ける対策やキャンペーン期間を設けたり、イベントセール前に、購入ができたり、予約手付金を払って確保したり、時間制限内に購入すると激安になったり、各店舗が自由なスタイルでセールを行うため、消費者は少しばかり購入攻略が必要です。

このプラットホームに想像を超えるシステム開発の投資が行われているのは、消費者の立場からでも気づくほど便利になってきました。そして、商品の詳細ページは、どの店舗も、きちんと動画や画像、イラストや表、文章でわかりやすく説明されていて、中国語が一切わからなくても大体のことがわかります。そして最大の魅力は、セール期間中はブランド品から何から何まで、想像を超えるプライスダウンをしてきます。中国EC市場が世界ランキングNo.1に成長しているのが納得です!


閲覧数:399回

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page